2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2016 ラッキーからの伝言

2014年3月22日に 虹の橋を渡った ラッキーねぇさん
以前4わんこの声を聞いていただいた時のように
アニマルコミュニケーション(AC)にて
聞いてもらった方がいいのかどうなのか
いろんな後悔の中 
正直 怖くて ずーと 迷っていました
2013_0112ラッキー-crop
2012年9月に 初めて ACしていただき
迷子の愛の件でも 大変お世話になりました
愛がうちの子になった後も 愛の声を聞かせて下さり
心の支えになって下さいました
4わんこの声をとっても丁寧に伝えていただいてましたので 
以前ACしていただいた方に お願いしてみようかと思ったのですけど
その後 ブログにて紹介してあるので
実際のラッキーの状況などが ACの前にわかっていたら。。。と考えてしまい 
ラッキーの事を全く知らない方に 聞いていただいた方がいいのかなと
いろいろとサイト上で 探していた時に 
シナモンそっくりなチワワちゃんと暮らしていらっしゃるアニマルコミュニケーターさんが
2015年の7月に 無料モニターを募集しているサイトを見つけました

その時に 思ったのです
もしかしたら こうして繋がったのも
今 聞くべき時なのではないのかと
ですが。。。両親とのいろんな出来事やらワタシの体調やらなにやらで
メールでACの3つの質問を送信出来たのは 10月29日のこと
ACのご報告が届いたのは 11月2日でした
2013_0822亮&わん&ムック1



電話やスカイプでのAC出来ますとのお言葉に 日程なども
両親がデイサービスに出かけて留守の月曜日がいいかなと 思いながらも
質問事項を書き出していたら
泣き虫なワタシは たぶん声にすることが難しくなるのではと思いました
今いる子達の声を 聞くのであれば スカイプも電話も 楽しみに出来るのかな
けれど やはり 時間が経っても 天使になったラッキーの事に触れると
嗚咽ばかりで ちゃんと話す事が 出来ないように思いました

それで スカイプで直接交信出来ないのが 
とても残念だったのですけど メールにてお願いしました

①ペットちゃんのお名前、呼び名
ラッキー
②呼び名(お母さんなど、ご家族が何と呼んでおられるかで結構です。)
おかあさん
③年齢、性別
享年18才(2014/3/22)・メス
④ペットちゃんへの質問(2~3個、簡潔にお願いします。)
1・たまには おうちに来てくれていると思いたいのだけれど どの辺に居るのかな
2・あの日 もう少し早く帰れていたら 見送りに間に合ったのかな
3・18才になってから 身体の不調が続いたし 目はかなり痛かったよね

⑤ペットちゃんへのメッセージ
我慢強くて 思いやりいっぱいのラッキー
今は 元気いっぱい走れてますか
出来れば おかあさんの腕の中で抱いて見送りたかった
けれど そうする事が出来なかった事がとっても心残りです
ラッキーがそちらの世界で痛みもなく過ごせていると信じています
うちの子になってくれて 本当にありがとう
たくさんの思いやりと優しさをくれて ありがとう


そして ACの結果は
アニマルコミュニケーターさんの言葉は グリーンの文字にて
ラッキーの言葉は ピンクの文字にて
ワタシは オレンジの文字にて


ラッキーちゃんとお話しさせて頂きましたので、ご報告致します
結果から申し上げると良い結果だったと思います
リラックスしてお読み下さい
細かい点は間違いもあると思いますが、お許し下さいね


結婚後 自由気ままな生活をしていた私が 
入院・退院を繰り返す父と少し認知症気味の母を田舎(山形県)での生活が困難と判断して
なかば強引に 茨城県に連れてきての同居でしたので 
問題もたくさんあり 自分の時間を持つことが難しい上に
精神的なストレスをお互いにぶつけての 
ブルーというよりブラックな気分での生活が続いていました
そうした状況の中 ラッキーも寝たきりの状態になったのに 
思うように一緒に居られない事が多くて
19才を目前にしてのあの日は 夕方から母が低血糖で具合が悪くなり 
救急車を呼び私が付き添い 
娘と父とは 病院が決まった時点での連絡で合流する事になり
主人は お客様の接待の為 ラッキーとワンズだけのお留守番の状態の中 
逝ってしまったのです・・・
病院での点滴処置により 意識が戻った母と 合流した父と娘と 
家に戻ったのは 夜9時頃だったと思います
ほっとして ラッキーのベッドを見た時 異変に気づき すぐに 抱き上げましたけど・・・ 
まだ暖かく 硬直していないラッキーの身体のぬくもりは いまだ忘れられません
もしかしたら もう少し早く帰れていたら 
間に合ったのかもしれないという気持ちが ずーと 心の奥にありました
娘は夢の中で何度か逢えているそうです 
けれど 私の夢の中には 姿を見せてくれないのは
私の事を許してくれていないのだと そう思う日々でした
寝たきりになるまでは ほんとに手のかからない子だったから 
ついつい手のかかるチビッコ達中心に過ごしていた事も
私の中では 大きな後悔に繋がっていました。
ラッキーは 本当に穏やかな優しい子でした
私が連れてくる保護犬や迷子犬の面倒も見てくれて 
丸ごと包み込んでくれるそういう存在
動物だけでなく 私達家族も包み込んでくれていたのですね

HsDUF_Eo7ZOl4h11377970268_1377970472.png
「あのねー、わたしねー、そうなの、そうなの。」とフランクに接してくれる感じです

遠慮がちなラッキーが  たくさん 伝えたかったのですね
今この時を逃していたら ラッキーが生まれ変わってしまい 聞けなかったのかもしれませんね
こうした出会いがあり こうして声を聞いていただき 本当に ありがとうございました


照明ではない太陽の明かりが有る時間ではないかと思います
これは ちょっと違いました 留守にしたので 電気と暖房を付けての夜の事でした

「明るさとウトウトする様な暖かさと強い幸福感に包まれてきた
あまりの幸福感に目を閉じたままついスーっと動いたら
離れてしまったの。ごめんね、待っていなくて」


待ってくれていようとしてくれていたのですね
一人 苦しみながらだったらと もうしわけない気持ちでいましたので 
幸福感に包まれての事だったと聞けて 本当に良かったと 
また そう思わせてくれた ラッキーに感謝です

その後のことについて聞いてみました
元気な立ち姿で左に右にこちらを見ながら動いています
どうしたのか聞いてみると、おれんじさんやおれんじさんを見ているご家族の心痛を
何とかしたいと思っている様子です  そして

「私はその時幸せに包まれていたから大丈夫と伝えたい。」「だいじょうぶかな?」だそうです
ラッキーちゃんの様子や感覚から、生前から母性が強く、
「私が見てなくちゃ。」という感じでご家族を見ていたようです
ご家族に対して自分は母の様な存在だと思っていたのではないかと思いました

その後の事も聞いて下さり 本当に ありがとうございました
ラッキーの母性は 本当に大きな大きなものですね
ラッキーに たくさんたくさん 愛と勇気と幸せを受け取っていたのは 
私達家族の方だったのですものね


1「たまには おうちに来てくれていると思いたいのだけれど どの辺に居るのかな」 
の答えはなかったのですね
それは ちょっと寂しかったです でも もう生まれ変わりの準備をしているなら
いつまでも 来てね なんて 言えませんものね

・目を瞑っておでこを人に押しつけるようにしてくる
この行為は あまりなかったように思うのですけど
さかのぼって なんとか思い出そうとはしたのですけど 
べったりと甘えてくる子でもなかったので
なかなか 思い出せなくて。。。

・うつむいて座っている女性に右手でトントンとタッチして「顔を上げて」と言っている
う。。ん トントンされたかな。。。いつも優しい目で見ていてくれていたとは思いますけど
・「くるくる回るのは、してない。」と言ってます。何のことか分かりますか?
一時期 認知症のような症状が出ていた事があって 
同じ所を回っていた事を まわりの方々によく話した事がありました
お留守番が多かったのを 連れ出すようにしていたら 
症状がなくなって安心していましたが
たぶん その時期の事は ラッキー自身も覚えていなくてって事なのかな
その後 徘徊も旋回もなくなって まったりの生活になっていました

・タンタンタン~♪と手拍子したり歌ったりしているのを見るのが楽しくて好き
そうなんですね ラッキーは 楽しく感じていたのですね
・男性(ご主人?)が晩酌かお茶を飲む時に何か食べ物をそっともらっていた
ハイ いつも もらえるのを楽しみにしていましたね

・ラッキーちゃんに向かって陽気におどける人の様子を見ているのが楽しかった

もしかしたら それは 娘の事なのかな
私には余り苦しいかったとか辛かったとか病気のことは伝えてきませんが
リーディングでは生前、左の側頭部、首、胸辺りに熱っぽさや症状があったのでしょうか

脾臓が腫れてきていて 片目も角膜裂傷となり傷が深いのか
傷口がふさがりにくいため、眼球の内容物が出てきていました 
そのため 目を閉じる事も出来なくなっていました
頭は老化と共に 下がっている状態でしたけど 
側頭部や首は その為に症状が出たのでしょか
目の痛みを訴えていなかったのが幸いです

最後にメッセージをお伝えしました
「うちの子になってくれてありがとう、思いやりや優しさをくれてありがとう」と伝えると
そう言ってくれたので、ほっとした気持ちや達成感のような感じが伝わってきました
お話の最後まで、しっかり者の愛情溢れるお母さんのようでした


ラッキーの気持ちが知りたいと思う気持ちと辛い事とかを 
思い出させてはいけないような気持ちとが交錯していました
いつまでも こちらの世界に縛り付けていては いけないのではないのかとか
天使になって 再び生まれ変わっていく準備をしていたのかもしれない
それを 引き留める 呼び戻すような事にならないのだろうかとか 
いろんな思いが めぐっていました
けれど こちらの気持ちを伝えていただいて ラッキーがほっとしてくれた事は 
私達家族みんなが救われた思いでいっぱいになれました
本当に ありがとうございました
今後 時間がとれそうな時に 納骨したいと思っています


ラッキーは やっぱり 凄い子です
いつもいつも みんなを見守り心配してくれて
ラッキーの伝言を聞けて 本当に良かった
ラッキー ありがとう 大好きだよ
そして ACして下さったKumikoさん ありがとうございました
スポンサーサイト

903 ルイくんのこころの声

ムックままさん宅の子になった ルイくんのこころの声です
 
 AC nanamiさんは ピンク
 ルイくんの声は ブルー
 ムックままさんの感想は グリーン で紹介させていただきますね

ルイくんは、やや控えめな性格なのかなと感じました
上目遣いでちょっと戸惑っているようにも見えましたが
かすかに尻尾を振ってくれていて、怖がってはいないようでした

2012_1015_20130821093739f42.jpg

1.うちの子として 
これからもずーと一緒に暮らしていく事になったけど
もし、これから先 前に過ごした家族が迎えにきたら 戻りたいかな?


「ぼく、もう帰れないのわかってるから・・・」
とのこと
前のご家族の誰かなのか、4~50代くらいの女性が「バイバイ」と言って
ルイくんの頭をなでているイメージが見えました
寂しいとは思っているけど、前向きに生きていこうとしている様子が伺えました
(愛ちゃんに比べて今の環境にまだ少し慣れていない感じがしましたが
そこは男女の違いなのかもしれないですね
女子のほうが割りきりが早いというか・・・)


捨てられた状況がわかり 元飼い主の身勝手さに怒りがこみあげてきます
ルイがかわいそうで これからもっと大事にしようと思ったし
ルイのけなげな気持ちが わかって涙が出ちゃった


2. 家族わんこの事 どう思っているかな?
  (ミッキーくん・ももちゃん・ムックくん)

茂木わんこ
ミッキーくんとももちゃんは 近所に住んでいらっしゃる
ムックままさんのお父さんの家で暮らしていますょ

ミッキーくん(チワワ)について:
優しくて安心できる相手のようです
とても穏やかな感情が流れていました

たしかに 相性が良くて ミッキーに一目置いて接しています
大好きな先輩わんことして見ているように感じます


ももちゃん(ポメラニアン)について:
もしかすると、ももちゃんのことはちょっと苦手と思っているかもしれません
なにかの拍子に怒られたりしたことがあったのかも
ももちゃんの前ではおとなしくしてよう・・・と思っているようです

あいさつ程度はしているけど 特に一緒に 仲良く遊ぶこともないですね

ムックくん(チワポメ)について:
性格が自分と全然違うムックくんは
 「うらやましい、ああなりたいな」 
という存在のようです
見ていて楽しい、と思っているように思いました

ルイがムックに遊びを誘い 1番仲良くふれあっているので
同居わんことして 相性が良くて 良かった~


3. 一緒に暮らす家族の事 どう思っているかな?
(父 母 )

お父さん:
あまり頻繁には交流がないのかちょっと遠い存在のようですが
たまに名前を呼んでもらったり、頭をなでてもらったりすると嬉しいようです
ルイくんはなんとなくですが、人間の男性が好きなのかもという感じを受けました

ルイのダイエットの為に 毎日散歩に連れて行ってくれたから
信頼は大きいと思うし 名前を呼ばれるとしっぽを振って近寄って行ってますね
主人が ルイの事気に入っていて うちの子にすること賛成してくれたんです

お母さん:
「お母さんはお世話してくれて、ごはんをくれて、かわいがってくれる」とのこと
愛されている気持ちが伝わっていて、すごく安心感があるようです
座っているお母さんの足元にくっついている様子が見えました

とっても嬉しいです ルイは いつも私の傍にくっついていますし
すごく 気をつかう子なので 守ってあげたい気持ちがますます強くなりました


4. この前 病院でフィラリアの手術 痛くて辛かったと思うし 
まだ治療は続くけど
ルイの事は大事にしているし 
これからも元気に過ごして欲しいからなの
これからも 一緒に乗り切っていこうね

「うん、ありがとう。ぼく、どうなるんだろうって、ほんとはちょっと怖かったんだけど
みんながいてくれたから大丈夫だったよ」

という言葉を受け取りました  
ルイは 本当に よく頑張ったと思います
今 食欲もあり元気で 安心しています


5. これまでで嫌だなと思った事と 
これから して欲しい事は 何かな?


嫌だったのは、サマーカットにしたときにみんなに「かわいい、かわいい」と言われたことのようです
(すみません、わたしもお写真見たときに「子犬みたいでかわいい~」と思いました)
意外でしたが「かわいい」と言われるのは
ルイくんにとっては男のプライドにかかわる問題だったのかも?^^;
笑われてると勘違いしたのかもしれません。ぜひ「かっこいいよ」って言ってあげてください^^

2013_07197月のある日5
えーーそうだったんだ
じゃあ これからは かっこいいって 言うようにするね


して欲しいことは?と聞くとぱっと「おひざ」という言葉が聞こえて
ひざの上で丸まって寝ているルイくんの姿が見えました
人間にくっついているのが安心できて好きみたいですね

食べ物の事かと思ってたけど
甘えて安心したいってことなのね



甘えん坊だけど、男として譲れないプライドも持っているようなルイくんでした
まだちょっと臆病になっている部分も 家族として時間が経てば
どんどん本来のルイくんの性格が発揮されるんじゃないかなと思いました

保護当時より だんだん明るくなってきていて
生活のリズムも出来ているルイです
今では いつも私にだけ 頭から突進してきて
すぐ ゴロンとしてくるので可愛いし
おなか なでなでして 話しかけてます


ルイくんの「ぼく もう帰れないのわかってるから・・・」には
私も 読んでいて どうしようもなく切なくなってしまいました
捨てるにも 理由があったのでしょうけど
スーパーの駐車場に置いていかれ
警察署に迷子わんことして 連れていかれ
人間の勝手で ルイくんがどんなに傷ついたかなんて 考えないのでしょうね
あの日 警察署の駐車場のメッシュサークル内で
どんなに不安な時間を過ごしていたかなんて 思いもしないのでしょうね
10月のあの日 夜はチワワには寒すぎる状況でした

でも
ルイくん 今は いっぱい愛されているものね
ダイエットも成功して 軽やかに 動き回っているしね
かっこいいルイくん これから ずーーーと ムックままさんの家族と一緒だょ

nanamiさま アニマルコミュニケーション 本当に ありがとうございました
コミュニケーターnanamiさまの無料モニターの募集は いったん締め切られるそうです
そして ただいま HP作成中との事です 楽しみにお待ちしたいと思います

820愛のこころの声

つたの葉
~アニマルコミュニケーション~
コミュニケーターが動物と波動を合わせることにより
動物からのメッセージを受け取ることです
私達人間のコミュニケーションツールである「言葉」ではなく
「心」と「心」の会話(コミュニケーション)
全ての動物には 私たちと同じように感情があり 意思があり
そして保護者への想いは 想像以上で
彼らはまっすぐに保護者の心を常に見ていて 見守っています
それは肉体の有る無しには関係なく
彼らは「保護者のお手伝い」をするために家族としてやって来ました
そんな彼らの優しい温かく大きな「心」の声を受け取ってみませんか

つたの葉

初めて ACの事を知ったのは 前ブログの時のブロ友さまの記事でした
TVでは ハイジさんの事は知っていましたけど
直接 対面しなければ 無理なのかと思い込んでいましたので 
夢のまた夢と あきらめていたわけです
でも まさか まさかで 
わが家のワンズの声を 写真だけでも 聞いていただける方がいると知り
お願いしたのが 昨年の事でした


昨年10月10日に 警察署に保護されていた 愛
思わぬ出会いをしてしまったけど きっと 飼い主 保護者さんがいるはずと
迷いわんことして 保健センターにも届けて 
貼り紙・迷子サイトなどで保護者さん探しをして奔走
けど。。結局 どこからも 連絡もなく
里親募集に切り替えて 「愛ちゃん幸せにし隊」結成して
愛ちゃんの貼り紙
里親さまとの出会いを 願ってきましたが いろいろもろもろありまして
わが家の一員となった 愛 です

避妊オペも終え 気持ちも落ち着いた頃かなと
そんな 愛のこころの声を 聞いていただこうと思い
以前 アニマルコミュニケーションでお世話になった あの方に
お願いしてみましたょ
「なでなで もふもふ」のnanamiさんです

ACのnanamiさんは オレンジ文字
愛の返答は ピンク文字
私の感想は 文字

結果をいただいてから 記事にするまで ちょっと時間がかかってしまいました
というのも 改めて 愛の日常を観察してみたんですょ
感想を保護者よりに書く前に 愛の行動をよーーーく 見てみようと思いまして

愛ちゃんは顔つきも穏やかで、ご機嫌のようでした
しっぽを水平にして、ぷるぷると小刻みに振ってくれていました

愛は ご機嫌だったのですね 良かった~
①うちの子として これからもずーと一緒に暮らしていく事になったけど
もし、これから先 前に過ごした家族が迎えにきたら 戻りたいかな?

この質問は。。保護者としては やはり 1番に聞きたかった事です
「 ううん、もう今のおうちがいい 」とのことです
仲間がいる今の環境が気に入っているようです
正直 ほっとしました~
実は やっぱり前のおうちに帰りたいって 言われたら。。
最初に おうちに帰れるって 約束してくれたでしょって 言われたら。。

わが家のワンズと一緒の生活で 心地よく過ごせてきていたのですね
でも。。元 保護者さん。。捜していないのかな。。。の不安はまだあります 

② 同居わんこの事どう思っているかな?(ラッキー シナモン みらい)
ラッキーちゃんに対しては、大きくてゆっくり、ゆったりした動きを
目で追っているような感じがありました
室内で、ラッキーちゃんが歩いていく方向を察知して
邪魔にならない位置に移動しているような様子が見えました
ラッキーちゃんのことを気遣っているようですね^^


大きさを気にせず 愛はラッキーの傍で寝ている事も多いです
確かに ラッキーが倒れた時も駆け寄って行くし 気遣いはしてくれる子です
ラッキーが食べているのに 迷わず口を入れて食べようともしますけどね~
ラッキーの傍では 怒られないし吠えられないし 何でも許されるのもわかってるし
1番 ゆったり出来るのかもしれませんね

シナモンくんに対しては、先輩わんことして慕っているような感じを受けました
ただ、ややライバル?的な感情もあって
「がんばれば勝てるかも?」とも思っているかもしれません・・
(がんばれ、シナモンくん^^;)

おっ やはり ライバル視しているのですね
シナモンが行く所 必ず愛も行きたいみたいですし 先に撫でてもらいたい様子
シナモンを呼ぶと 愛はわたしも~って 飛んできます
単独では こないのに・・シナモンが向かうと 愛も我先にと向かうみたいな
たまに シナモンが愛に押されて はじかれてますし。。
あっ おしりで押されて 飛ばされてもいるかな
女子には 勝てない自覚あり?のシナモンですので。。
愛が 頑張ると シナモンがいじける事が多くなりそうですけど
また それなりの関係がこれから出来てくるのでしょうね
2013_06213ワンズショット
みらいくんのことはやっぱり好きみたいですね
一緒にいる時はいつも守ってもらっていると安心感を持っているように思います
愛ちゃんにとってはお兄さんのようなナイトのような存在みたいです

いろんな好みも似ていて ピコピコ大好きで 
食事前にキャベツやキュウリを生で食べてますけど お互い 譲り合いはないかも。。
愛にとって みらいとも 運命の出会いだったのかしら
みらいが いてくれて 愛は不安も解消されてきたのかな
けど。。みらいは ナイトにはなれない子かも
みらいは 自分が大事みたいなところがあって そこが永遠の少年なんですけどね
時に。。。目的の物の前に居る人もわんこも邪魔と思えば 噛む みらい
愛も 守られる事なく 噛まれてます。。。
いいコンビなのは 確かなようですけどね

③一緒に暮らす家族の事 どう思っているかな?
(父 母 おねぇちゃん)

お父さん:
目が合ってどきっとするようなシーンが見えました
でも 嫌いというわけではなく
あまり一緒に居ることに慣れていないのかなといった感じを受けました

まさに いつも どきっとしていますね!!
けど 愛も おねだり上手な子なので 
食事時だけは チャンスは逃すまいと ひっついてアピールしてますょ
食べ物が絡めば いい関係になれそうな感じかな~♪
愛は うちの中では うるさく吠えたり 唸ったりしない子ですしね

お母さん:
かがんで顔を近づけて 優しくなでながら話しかけてくれている様子が見えました
群れのリーダー的存在だと思っているみたいです

群れのリーダーですかぁ~まぁ わんこの事はすべて独断で決めちゃってますから
そうなのかもしれませんね~
ボスと言われなかっただけ。。ヨシとします

おねぇちゃん:
はっきりと情景がつかめなかったのですが、好き、楽しい、といった感覚がありました
室内で遊んでもらっている様子で、愛ちゃんが横たわっているところを
体中もしゃもしゃと なでてもらっているような感じがありました

遊んでくれる お友達みたいな感覚なのでしょうか
同等に思っていたりしてねっ 1番 心許している感じですから
私が呼ぶと 構えても(今度は 何されるのかしら。。的に思っているようですょ)
娘が呼ぶと 嬉しそうに行くわけなんですょ
2013_0727菊地ファミリー
 
④ この前 病院でおなかの手術と ぐらぐらしている歯を抜いたから 
痛くて辛かったと思うけど
これから 病気もなく元気に過ごして欲しいと
思っているからなの わかってね

うん、ご飯も食べやすくなって良かった・・・
当時はなんでこんなことされるんだろうと思っていたようですが
今はそうしてもらって快適になったので 良かったと思っているみたいです^^
やっぱりね。。病院に行く事も オペする事も 愛にとっては理解しずらい事ょね
ご飯が食べやすくなって 結果オーライという事で納得してくれたのね 良かった~
2013_0615おかえり
 
⑤ これまでで嫌だなと思った事と これから して欲しい事は 何かな?
「嫌だなと思ったのは、しかられること」
人間にしかられているシーンが見えました。トイレシーツが近くにあったので
おトイレを失敗したときかな?と思いました。どうしてしかられているか
いまひとつ納得がいかなくて、嫌だなぁと思っていたようです


最近は すっかり 外派になっていたから 失敗もなくなってきているし
天気の悪い日は シナモンと部屋のシートにオシッコしている事もあるしで
いい方向にと思っていたから 最初の頃の事が まだトラウマなのかしら。。
男子組シナモン&みらいのオシッコは 足上げだから わかるしね
女子組のオシッコは ラッキーか愛のどちらか

あっ そういえば ラッキーが間に合わなくなって うちの中で粗相した時
思わず 愛のオシッコかと思って 「あーーーここにしちゃ駄目でしょ」って
言いました たしかに あの時。。。だとすれば そりゃぁ 納得いかないわょね
嫌な事は カットされる事とか リボン付けられる事とか 想像していましたが
怒られるって事は 誰でも嫌な事なんですょね 保護者として納得 反省いたしました 

して欲しいことは?と聞くと、ぱっと青空が見えました
愛ちゃんはお外がすきなんですね^^お散歩やお出かけなどがしたいみたいです
そう思うとやっぱりおれんじさんちのわんちゃんになって大正解ですね♪ 

そうなんですね~確かに お外は 大好きみたいです
うちでは おとなし女子なのに 1歩外に出ると。。
人が わんこが変わるんです ハイパー娘に大変身
飛ぶように走り回る 吠え走る様子は お転婆娘としか見えませんょ
外に出ると 開放されるのか 二面性をお披露目してくれます
2013_06213ワンズショット10
いつか みなさんに動画でお見せしたいのは
車に乗ってすぐに わんこベッド内で繰り広げられる シンクロ!!
ミラーで見ると 足だけが あっちこっちに動くのが見えるから
なんとも 「不思議な愛のシンクロ」 なんですょ~
こんな事するわんこを 見るのも初めての保護者ですので
いつか カメラに激写したいと もくろんでおります♪
2013_0527愛ちゃんトリミング5
耳の飾り毛も だいぶ伸びてきているし 三つ編みとか エクステとか
秋には 見た目はお嬢さま~に なれるのかなぁと ニンマリしている保護者ですょ

nanamiさんのおかげで 今回は 愛のこころの声を聞くことが出来ました
本当に ありがとうございました
わが家のわんことして しっかり見守っていこうと 再認識した保護者です


ラッキー&シナモン&みらいの 昨年の10月のAC結果は 追記にて





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。