2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

1128 家族に感謝


c25_03.gifp_04.gif

山形事情にも だんだん慣れてきた今日この頃ですが
こうして 長期滞在が出来ているのも
茨城で頑張ってくれている 主人と娘のおかげです
もし
就学中の子供がいたなら
私が仕事をしていたなら
出産をひかえた娘がいたなら
家族が病気がちであったなら
などなど 状況によっては こうはいかなかったかな

なにより 家族の理解と協力がなかったら
無理だったのだと つくづく思うのです

家族に感謝です

たとえ ズボラな主婦の私でも
それなりに 家事はしていたつもりですけど
今は 家族にも負担をかけているわけです

そんな中 状況を考えれば リハビリを兼ねて 寒い冬の間だけでも
茨城で暮らしたらどうかと 主人が言ってくれています
ありがたい事です

何年か前に 同居の説得に失敗した事がありまして
この提案を受け入れてくれるのか心配でした

そして 入院中の11月初めの頃 母に話したところ。。。。。。。
80過ぎて うちを離れたくないとの返答
二人で なんとかやっていける と 言うわけです
ですが
火を使うのが危ない母に代わり 食事の支度から買い物から
全て 父がやっていたわけですから
生活の負担は もちろん父にかかっていくわけです。。

父は なんとなく 承諾しかけたのですが
行かない!!という母と娘(私)は 半日口を聞かない状況に

そんなこんなのいきさつの中
父の早い回復を願う気持ちは 母も同じですので

今回の茨城での3日間の生活で
茨城行きもいいかなと 思い始めてくれた母です
このまま 気持ちが変わらない事を願いたい

父もなんとか 日常生活に慣れていけるようにと
先生よりお話があり 今日退院いたしました

これから 二人のかかりつけの病院に行き
なるべく長期分の薬をいただいてこようと思っています

電話や郵便物の転送手続きや 介護センターへの連絡
その他 もろもろの手続きが終わり次第 茨城へ

スムーズにいかないかもしれないけど
出来るだけ 早急に出来たらいいかな
herb-mix6-7.gif
それから
こんな つぶやきに おつきあいいただいている 皆さま
本当に ありがとうございます
皆さまのコメントやメールに勇気づけられている おれんじ です
1日も早く わんこブログに戻りたいと思っています
2009_1225しんのすけ20014_R
2009年のラッキー&シナモンの2わんこ生活の頃のフォト

写真もサクサクとアップして画像編集するのも
楽しみのひとつでしたし
皆さまのブログ訪問も 幸せな時間です
今は 読み逃げで なかなかコメント残せませんけど
空いた時間に お邪魔させていただいています


スポンサーサイト
[ 2013/11/28 ] つぶやき | TB(0) | CM(12)

1123 事が進まない。。。

ワンズの写真を撮らない日々が こんなに続いたのは。。何年ぶり
日にちの感覚も すべき事も したい事も 考える事なく過ごす日々
herb-mix5-01.gif

そんな中 いよいよ免許更新手続きに茨城に 一時帰宅しなくてはならず

どうしたものかと。。。。

父は病院にいるからいいとして
問題は 母
1人で留守番出来るからと言うけど。。無理・・
そして 母なりのいろいろ策を考えるようだ
行かなくて済む方法を。。
同市内に住む 一人暮らしの実妹の家に泊まりに行くと言い出し
朝早く 電話をしていて 頼んでいたけど
そのおばさんは 出かける事の多い方で
テレビの無いお宅で はたして三日間の留守番が我慢出来るはずもなく
双葉ライン
ショートステイもお願い出来るのだけれど
おばさん宅でいいと 言い張る
おばさんの都合で月火水ならOKだと返事をもらい
その方向で 話は進んだ

けれど 母なりの決断は ころころ変わるわけで
やっぱり 施設に行くと言い出したり
糖尿を理由に入院すると言い出した
夕飯の支度をしていたら
突然 具合が悪いからと 糖尿でお世話になっている病院に電話をしていた
そして 今から病院に行くと言い
連れて行くと 具合が悪いとのアピールが半端ない
ご飯は少ししか食べてません(しっかり食べてます!)
間食はしていません(甘い物も こっそり食べてます!) 
先生に入院させて欲しいと懇願するも
「今の状態では どこの病院にも紹介状は書けませんし
介護の方でショートステイをお願いしてみてはいかがでしょう」 と
説明を受け しぶしぶですが
一緒に茨城に行く事になったわけです
ぶどうライン
確かに 4時間近く 車中なわけですけど
リクライニングさせて 布団かけて寝て行けると何度も説明したのに
納得出来なかったのだろう

ショートステイも 急な申し出では 空いてなければ無理
それに。。。気に入らないと 飛び出してくるのではの不安が
そんなこんなで ひとまず 一緒に行く方向です
たぶん ここまでくれば 中止になる事なく
月曜の朝には 高速を走っているはずです
運転には十分に気をつけて 出かけてきます
車

みんな~久々のおうちに 帰れるよ~46日ぶりだね♪
2013_09099月になりました0011
以前のフォト 利用です
2013_0221newウェア2
 


[ 2013/11/23 ] つぶやき | TB(0) | CM(14)

1120 冷静な対処

わんこブログですけど。。。心の中を整理するために つぶやかせて下さい
長く なりそうですので スルーして下さって構いません
コメント欄も 閉じたいと思います

誰でも 穏やかに過ごしていきたいと思っているはず
けれど 想像出来ないような いろんな事が起きる


自分自身が 80の年齢になった時
どうなっているのか わかりませんものね
もっと早い年齢で 認知症になってしまっているのかもしれないし
年金も少なく 介護保険も使えずの生活になっている可能性も

母は 現在82才 介護1 心臓病・糖尿病の治療をしながら
疲れやすく ほとんど 寝て過ごしています
糖尿の治療に インスリン注射
運動も必要とされますが ちょっと歩いたり 動いたりすると
すぐ疲れてしまい 横になる 毎日
耳も遠く 大きな声で話さないと聞こえないようで
TVの音量も 30~60まで どんどん上げていきます
同じ部屋に居たら まるで映画館のような感じ


ぽーとしていて 穏やかな可愛いおばぁちゃんの時もあるのですけど

認知症気味。。気味と書くしかないのでしょうね 今は・・・
かかりつけの心臓病担当の先生から
「紹介状書きますので 1度 認知症専門の病院で診てもらって下さい」と
12月3日に予約を入れていただきました
当日。。行かない!!と言われないようにしなくては
病院での待ち時間が 長くなってくると イライラしてきて声を荒げる
自分の中で 納得出来なくなってくると 怒る 泣く

こちらで伝えた事 自分の身に起きた事 いろんな事を忘れてしまう
同じ話を何度も繰り返す
これには 「それっ何度も聞いたから」と言う言葉を封印しなくてはならない
認知症の対応は そうしなければならない
でも 今までの親戚やご近所でのトラブルや 悪口のような話を
毎日 まるで 台本があるかのように 繰り返す
黙って聞いているうちに
胃が痛くなってきてしまう

食事中に 毎回聞かされる話に ついに 
「食べている時に その話は聞きたくない」と言ってしまった

けれど 
うっとうしく思い悩んだところで 何も変わらない
そこで
「介護」 「認知症」 「遠距離介護」 などのブログを
いろいろ 読んでみた
想像をはるかに超えた状況が ブログには綴られていた
母の事は まだまだ 序の口なのだと思えた

サイトで対処方を調べてみたり 本も購入してみた

「物忘れから混乱して 不安が増して精神症状が進み
孤独感や疎外感や猜疑心(さいぎしん)がつのって 妄想へと変わる

そんな時 話に共感して 味方になって話を聞くと 安心する」 と

でも 全ての被害妄想的な話に 共感なんて出来ないし
味方になって話を聞くなんて 出来ない
心穏やかに 見守ることは 忍耐も必要だし
どこかで 自分自身を解放しなければ 自分自身も壊れてしまいそうにもなる

幸い 犬バカゆえに 4わんこと 一緒に居られて 助かっているのかな
だって ラッキーねぇさんは 不満があっても愚痴も不満も出さずに
今の状況で頑張ってくれているし
チビッコ達も それなりに わがままも言わずに 静かな生活を送ってくれてるし
cinnamon.png
ちょっと。。。目つきは悪いのですけど
ようやくインストールしなくても 画像加工の出来るサイト利用出来たし 
MWLrKVqjBHiM43e1384871262_1384871641.png


「認知症の言動には 冷静に対処して
うっとうしく感じても 「そうなの」と受け入れる態度を示すことが大切」

少しづつでも そうしていけるように
そう自分に言い聞かせてみることにしました
どこまで そうしていけるのか 不安はいっぱいです
でも こうして つぶやく事で
冷静さを 保っていけそうな気がしています

 
[ 2013/11/21 ] つぶやき | TB(0) | CM(-)