2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

604 タァも家族の一員だもの

わが家の 22才になるミドリガメのタァちゃん
たまには 登場しなくてはね~
2015_0527産仔タァなど0036
尾の長さで ♂♀がわかるらしいのですけど。。。
比較する仲間がいないので 性別不明
命名も タートル(亀)から 単純に「タァちゃん」に ゴメン
フードを食べなくなってきたら 冬眠準備をして
室内で水槽での籠もり生活となり 
大体5月位に 外で日ざしと風と雨を感じる解放生活になります
2015_0527産仔タァなど0035
この大きさになってくると
動きが活発になる この時期
水槽やら 衣装ケースやらと 
年々 大きくしてきたわけですが
大きくなればなる程 水替えが大変になってきて

もっと自然に近い状態で
お掃除を楽するには と考えた結果
2015_0527産仔タァなど0033
ワンコサークルを利用して
土の上に設置して クイで固定して
穴を掘り 洗い桶を埋め込み ブロックで重しして
もちろん 上にはサークルの屋根があり スダレを乗せてますょ
日干し防止とカラスなどに襲われないようにしてます
2015_0527産仔タァなど0034
暑い時と雨の時ご飯時は 水の中に入り
ほとんどは こーんな感じでひなたぼっこして過ごす タァちゃん
2015_0527産仔タァなど0037
タァのサークルの隣に蒔いたフウセンカズラの芽も 出てきてますね
今年は いつものゴーヤに代わっての 日よけのカーテン

甲羅は 時々 亀の子たわしで 洗ってあげるんですょ~
そして その後は ジャリの上を お散歩してます




そういえば ミドリガメも外来種の届け出が 必要とかなんとかだったわょね

隣の市の動物園の中には なぜか
飼育放棄されたであろうミドリガメが たくさーん いたんですょ・・

結局 あいまいになっているようですね 
家族として迎えたからには 飼育放棄せずに 
最期まで きちんとお世話しましょって事でいいのかな
ワタシより 長生きしたら 誰かお世話してくれるのかしらん
だって 寿命があと20年となると
ワタシ70過ぎているわけだし。。。。。
 
特定外来生物について興味のある方は 
調べた事を 追記に  

●ペットとして人気がある外来種のミドリガメについて、環境省は輸入や飼育を禁止する方針を固めた。
野外に放されたミドリガメが、もともと日本にいたイシガメを準絶滅危惧種に追いやるなど
生態系を壊しているからだ。

●ただ、数十万匹とみられるペットの飼育を禁じるのは初の試みで、混乱も予想される。
同省はまず輸入を禁じ、 飼育禁止は後回しにする考えだが、
カメを処分したい人や飼い続けたい人にどう対応するのか、頭を悩ませている。

●寿命は40年。ミドリガメは北米原産の外来種。ペット店や露店で1匹500円ほどで売られている。
寿命は40年ほど。子ガメは5cm前後だが、成長すると30cmになり、
家庭用の小さな水槽で飼うことが難しくなる。多くが川や池に放されて増殖したとみられ、
国内のカメで最も多い種類になった。

●日本固有種のイシガメに比べ、ミドリガメは繁殖力が高く、体もひと回り大きいため、
イシガメの餌や生息場所を奪った。イシガメは数を減らし、2012年に準絶滅危惧種に指定された。

●環境省は昨年9月にまとめた外来種被害防止行動計画案にミドリガメの「規制を検討する」と明記。
今後、外来生物法で輸入・販売や飼育が禁じられる「特定外来生物」にミドリガメを指定することにした。
スポンサーサイト
[ 2015/06/04 ] わがやの出来事 | TB(0) | CM(2)

★らみしんか~ちゃん さんへ

ほんと わが家は 動物園ですょ
1度 観にいらっしゃいますか~

息子がお祭りで 400円でつり上げたカメ
当然のように お世話係は ワタシ
まぁ 1番 お金のかからない子ですけどね
それでも お水は綺麗にしてあげないと
フードも食べないし 病気になるみたいです
お友達のカメさん。。どうなったのでしょうね。。。
以前 道路を横断しているカメを 見た事もありました

ワタシ 頑張れるかしら
お世話係としては みんなを見送らなくては ですね!
[ 2015/06/05 16:35 ] [ 編集 ]

亀さんも一緒にお住まいだったのですねぇ

お名前もちゃんと付けてもらって 大きなおうちも用意してもらって 幸せな子ですね。

むか~し 友達の子供さんが 亀を拾って来て 長生きで世話が大変って言ってたことを思い出しました
だって 亀と鶴は 千年も万年も生きるのよ~と話したことそして その亀さんは 背中に苔が生えていたことを思い出しました。 その亀のその後が 心配になってきちゃった~

命を預かるって意識のないままに 飼育はじめることは
無責任すぎることですよね

けど おれんじさんは 大丈夫ですよ
亀さんよりも ずっとずっと長生きしますって! 万年生き抜いてくださいませ。
[ 2015/06/05 13:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wanlovewan1201.blog110.fc2.com/tb.php/218-da2dbfcd























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。